よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3231
  • 公開日時 : 2020/11/26 13:54
  • 更新日時 : 2020/11/26 15:03
  • 印刷

オートチューニングが失敗する

オートチューニングが失敗する
カテゴリー : 

回答

以下の原因が考えられます。
 
1. 標準試料を間違っている。標準試料の部品番号と作成方法はこちら
 
2. 標準試料が古い(スペクトルが変化します。)標準試料の部品番号と作成方法はこちら
 
3. 標準試料導入系の配管に漏れがある。標準試料導入部の保守はこちら
 
4. 抵抗管が詰まっている。標準試料導入部の保守はこちら
 
5. 標準試料ボトルに標準試料が十分な量入っていない。
 
6. ESIプローブ部の位置がずれている。
    ターゲットm/zの強度が強くなる位置にESIプローブを調整してください。
    特に正イオンm/z1224 (1004.60: LCMS-2020, 8030/40)、負イオンm/z 1007を確認してください。
    ESI/DUISプローブ位置調整方法はこちら
 
7. ターゲットm/z周辺に妨害ピークが存在する。
    ESIプローブ配管を水、メタノールなどで洗浄した後、マニュアルチューニング画面でターゲットm/z周辺に妨害ピークがないことを確認してください。
  スプレー部の保守はこちら
  マニュアルチューニング方法はこちら
 
8. TFAなどの使用によって、負イオンm/zの強度が低くなる。
    ネガティブチューニングにて、質量校正に使用しているラフィノースピークの感度が移動相の種類によって大幅に低下することがあります。これは、ラフィノースに移動相由来物が付加することに起因します。
    このような場合には、質量校正する質量を変更する必要があります。
    「マニュアルチューニング」で観察されるネガティブイオンを確認し、質量校正に使用する質量を入力してください。
    マニュアルチューニングはこちら
   
    注意: 通常のオートチューニングが正常に動作する場合には、質量校正に使用する質量を変更しない
 
    «LCMS-8030/40/45/50/60»
   
 
    «LCMS-2020»
   
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page