よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3090
  • 公開日時 : 2020/11/13 10:09
  • 更新日時 : 2020/11/19 10:18
  • 印刷

LCMS 装置の停止

LCMS 装置の停止(長期間の停止)
カテゴリー : 

回答

ここでは装置の真空系を停止し、電源をOFFするまでの手順を説明します。
ヒント: 真空状態は装置の感度を左右します。長期間使用しない場合を除いて、日常の使用では高真空を維持するため、装置の真空系は起動したままにします。短期間の停止はこちら
 
1. 真空システムを停止する
  a) [起動・停止]ウィンドウを開く。
  b) [自動停止]をクリックする。
    ブロックヒーター、DLの温度が100 °C以下になると、トリプルインレットターボ分子ポンプおよびロータリーポンプが停止し、真空ハウジング内が大気圧に開放されます。
    大気圧開放には真空ポンプ停止後、約3分かかります。
   
2. LabSolutionsを終了する
  a) LCおよびMSの運転を停止する。
   
  b) 開いているウィンドウを閉じる。
    [ファイル]メニューから[終了]を選びます。
   
    [シャットダウン]ウィンドウが表示されます。
3. すべての項目にチェックを付けて、[OK]をクリックする。
    注記: インターフェイスヒーターをOFFにしても、インターフェイスヒーターが規定温度以下になるまでヒーティングガスはONになっています。
      CIDガス用ボンベのバルブを閉じるまで、CIDガスは17 kPaの圧力で流れ続けます。
    シャットダウン処理が行われます。
4. LabSolutionsを終了する。
    [ファイル]メニューから[終了]を選びます。
   
5. LCおよびMS各装置の電源をOFFにする。
6. CIDガス用ボンベのバルブを閉じる。
7. 窒素/ドライエアー発生装置の電源をOFFにする。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page