よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 6673
  • 公開日時 : 2021/07/29 16:33
  • 更新日時 : 2021/10/04 10:12
  • 印刷

(ICPE) 軸方向観測用オリフィスASSYの洗浄

(ICPE) 軸方向観測用オリフィスASSYの洗浄
カテゴリー : 

回答

オリフィスASSY は、
 ICPE-9800シリーズ 標準: 211-87758-42 オリフィス L2 ASSY (ミニトーチ用)
 ICPE-9800シリーズ オプション: 211-88571-42 オリフィスS2 ASSY (高塩トーチなどの大型サイズトーチ用)
 ICPE-9000 標準: 211-84352-91 オリフィスASSY L 
 ICPE-9000 オプション: 211-43740 オリフィスASSY
があります。
 
警告: やけどをする恐れがあります。プラズマスタンド内の作業はプラズマ消灯後3分以上たった後に行ってください。
 
注記: オリフィスASSY の洗浄は、試料のコンタミネーションや異常放電の防止効果があります。
  このような現象が見られる場合はオリフィスASSY を洗浄してください。
  洗浄の頻度は分析する試料及び使用時間で異なります。
 
【軽微な汚れの洗浄方法1(純水ふき取り)】
1. 純水を湿らせたカーゼでオリフィスASSYの表面を拭く。
2. カーゼで表面の水分を取り除く。
 
【軽微な汚れの洗浄方法2(酸溶液ふき取り)】
1. 希硝酸または希塩酸を湿らせたカーゼでオリフィスASSYの表面を拭く。
2. 純水を湿らせたカーゼで酸溶液を充分にふき取る。
3. カーゼで表面の水分を取り除く。
 
【頑固な汚れの洗浄方法】
 
冷却ジャケットの取り付けと取り外しは、こちら
 
1. オリフィスASSY の取り外し
  1) オリフィスASSY をスパナ(13mm)で回す。
  2) 締め付けが緩んだら、手で回してオリフィスASSY を外す。
    
 
2. オリフィスASSY の洗浄
  1) 洗浄液として、塩酸 2 mol/Lの溶液を用意する。
  2) オリフィスASSYを洗浄液に2分間入れる。
  3) オリフィスASSYを洗浄液から取り出して純水で洗う。
  4) ガーゼでオリフィスASSYの表面(特に内面とタングステンチップの表面)を拭き、水分を取り除く。
    注記: オリフィスASSY は超音波洗浄しないでください。
 
3. オリフィスASSYの取り付け
  1) オリフィスASSYを手で回して冷却ジャケットに取り付ける。
  2) 冷却ジャケットとオリフィスASSYが確実に接触するように、スパナで締める。
    注記: 締めすぎないように、注意してください。
    
    注記: オリフィスASSYの消耗により、冷却ジャケットとの接触面が荒れてきます。これが原因でオリフィスASSYの冷却効率が悪くなり、オリフィスASSY表面の劣化が著しくなります。この場合は、新しいオリフィスASSYと交換してください。
    注意: 冷却ジャケットとオリフィスASSYは、柔らかい銅製です。 無理に、締め付けると変形することがあります。冷却ジャケットが変形するとオリフィスASSYの冷却効率が悪くなり、オリフィスASSYの劣化が著しくなります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPKSHA Communication社のシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page