よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3096
  • 公開日時 : 2020/11/13 10:19
  • 更新日時 : 2020/11/19 11:38
  • 印刷

LCMS DLトラブルの確認方法

LCMS DLトラブルの確認方法
カテゴリー : 

回答

DL パイプ内の汚染により、脱溶媒(イオン化)の悪化、イオンの透過率の低下が起きます。DL につまりが起きると、全体的な感度低下が見られます。ただし、ただし、つまりが無くても、成分によっては感度低下がみられる場合があります。
 
確認
DL の汚染・つまりは、PG 値(真空度)が目安になります。装置モニタ等でPG 値を確認して下さい.DL につまりが起きると、PG 値は小さくなります。(デフォルトでは70Pa を下回ると警告が出ます)
PG の値に異常がなくても、感度低下となる場合もあります。
 
処置
DLAssy の交換。DLの保守はこちら
汚染やつまりが軽微な場合、パイプにシリンジなどで通液・洗浄することで一時的に回復する事があります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page