よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3095
  • 公開日時 : 2020/11/13 10:18
  • 更新日時 : 2020/11/19 11:28
  • 印刷

LCMS レンズ系トラブルの確認方法

LCMS レンズ系トラブルの確認方法
カテゴリー : 

回答

汚染することで最適な電圧が印可されなくなり、イオンの透過が悪くなる場合があります。特にマルチポール出口レンズが汚染することでチャージアップが発生し、イオン透過を阻害し、大きく感度低下が発生します。
 
«確認»
低分子成分の感度低下が特に大きくないか確認して下さい。
レンズの汚染は低質量側よりはじまり、徐々に高質量側に進行していきます。実サンプルでの判断場難しい場合は、マニュアルチューニングにて標準試料で確認して下さい。下図の例では低分子側ピーク(m/z168.10、256.15)の強度が著しく低下(1/100 以上)していますが、m/z1004.60 のピーク強度はそれ程変化がありません。レンズの汚染による感度低下の兆候。
マニュアルチューニング方法はこちら
 
«処置»
レンズ系を取り外し、洗浄する。
Q アレイはスキマーを取り外し、超音波洗浄を10~30 分。スキマーはふき取りクリーニングします。
マルチポールも超音波洗浄を10~30 分実施します。なお、レンズは取り外した後、穴の周辺をメタノールをしみこませたキムワイプでふき取るとより効果的です。(注意: レンズの取外し以外は分解しないで下さい)
(洗浄溶媒は一般的には、メタノールやイソプロパノール、油系のもの等、場合によりヘキサン等を使用します。)
レンズ系の保守はこちら

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page