よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3091
  • 公開日時 : 2020/11/13 10:12
  • 更新日時 : 2022/06/24 12:55
  • 印刷

LCMS 日常メンテナンス

回答

イオン化部、インターフェイスの汚染やつまりをできる限り抑えるためには日常的な装置管理が重要となります。次に使用後の装置管理・保守について記述します。
 
1. ESI プローブ内にはサンプルが残存しないように
分析後はサンプル、及び、グラジェントによる溶出物がESI プローブ内の「ESI ノズル」、「ESI PEEK チューブ」、「ESI キャピラリAssy」内に残存している可能性があります。残存している状況で放置していると、液体が乾燥することで、各部で析出、つまりの要因となったり、ESI スプレー状態が悪化することにつながります。
 
2. DL プラグの使用によるMS 内部の汚染の防止
日常停止時は必ず、DL プラグを挿入し、DL、レンズ系に雰囲気ガスが流入しないようします。DL が解放状態では、MS内部が高真空であるため、DL周辺の雰囲気ガスを常時吸い込んでしまいます。周辺にオイルミストや廃液からのガスが存在しているとDLやレンズ系の汚染につながります。
DLプラグの部品番号
  LCMS-8060: 部品番号: 225-27950 PULG3,DL
  LCMS-8050: 部品番号: 225-25691 PLUG2 DL
  LCMS-2020, 8030/40/45: 部品番号: 225-27984 PLUG4,DL
  LCMS-2050: 部品番号: 225-40574 DL PLUG

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPKSHA Communication社のシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page