よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 保守(メンテナンス) 』 内のFAQ

21件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • (LCMS) 消耗部品(レンズ周辺部)

    詳細表示

    • No:6473
    • 公開日時:2021/06/23 14:33
  • (LCMS) 消耗部品(DL)

    詳細表示

    • No:6471
    • 公開日時:2021/06/23 14:30
  • (LCMS) 消耗部品(ロータリーポンプ油)

    詳細表示

    • No:6469
    • 公開日時:2021/06/23 14:28
  • (LCMS) 消耗部品(廃液用チューブ)

    詳細表示

    • No:6467
    • 公開日時:2021/06/23 13:54
  • (LCMS) 消耗部品(標準試料)

    詳細表示

    • No:6465
    • 公開日時:2021/06/23 13:46
  • (LCMS) 消耗部品(インターフェイス部)

    ▼ ESIユニット ▼ サブインターフェイス(LCMS-9030用) ▼APCIユニット 詳細表示

    • No:6463
    • 公開日時:2021/06/23 13:46
  • LCMSオートチューニング

    ESIユニット/IonFocus ユニットを用いて装置の感度調整、分解能調整、質量校正のためオートチューニングを行います。 オートチューニングは真空停止を伴う装置内部のメンテナンスを行ったような場合や、装置の調子が悪いような場合、長期間停止していた場合に実行してください。 注記: • DUI... 詳細表示

    • No:3177
    • 公開日時:2020/11/18 15:33
    • ウィザードFAQ
  • LCMSマニュアルチューニング

    マニュアルチューニングでは、ピークを観察しながらマニュアルで装置を調整できます。マニュアルチューニングでピークが確認できないときは、オートチューニングを実行してください。 注記: • 標準試料を用いたイオン観察はESI分析でできます。 • APCIユニットが取り付けらている場合はESIユニッ... 詳細表示

    • No:3162
    • 公開日時:2020/11/18 15:33
    • ウィザードFAQ
  • 廃液チューブの交換

    以下の場所に廃液チューブが取り付けられています。 汚れが著しい、または破損している場合は交換してください。 注記: 3年に1度、廃液チューブを交換してください。 LCMS-80xxシリーズ LCMS-2020 詳細表示

    • No:3139
    • 公開日時:2020/11/17 12:52
    • 更新日時:2020/11/18 13:13
  • 真空漏れチェック

    真空に漏れのある状態で装置を運転することは感度低下、ノイズ増加、イオンゲージ(真空計)のフィラメント切断など不具合の原因となります。そのため、装置を停止したあと、装置を再起動したときには必ず真空漏れチェックを行ってください。 MSの真空漏れは、ロータリーポンプが正常に動作できないような大きな漏れから、トリプルイ... 詳細表示

    • No:3138
    • 公開日時:2020/11/17 12:48
    • 更新日時:2020/11/19 08:31

21件中 1 - 10 件を表示

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page