よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 元素分析 』 内のFAQ

75件中 61 - 70 件を表示

7 / 8ページ
  • (AA) 緊急時の停止操作

    [緊急時の処置] 原子吸光分光光度計に異常が発生したときなど、緊急時には以下の処理を行ってください。 なお、再び使用するときは、装置を点検し必要に応じてサービス担当店に連絡してください。 1. 原子吸光分光光度計の電源スイッチをOFF にしてください。 測定中であっても、電源スイッチをO... 詳細表示

  • (AA) ドレインチューブの交換

    部品番号:016-43201-02ポリエチレンチューブ、8 × 1(ドレインチューブ) ドレインチューブが古くなると、破れて排液が漏れるおそれがあります。ドレインチューブの交換は、次の手順で行ってください。 1. ドレインタンクの排出口に接続されている古いポリエチレンチューブを外します。 2. 新しいポ... 詳細表示

  • (AA) 圧力調整器(オプション)の漏れチェック

    警告: • 配管を間違えると、点火時に逆火を起こす場合があります。 • ガスの供給圧は必ず指定された値に設定してください。 • 破損した圧力調整器は絶対に使用しないでください。ガス漏れの原因になります。 • 酸化二窒素を使用する場合は、専用の圧力調整器を使用してください。 • ボ... 詳細表示

  • (AA) ガス漏れ検査

    ガス制御装置内の燃料ガスチューブのガス漏れは、常時チェックされています。 ここではガス配管(お客様設備)、ガスホース(標準付属品)、装置内ガス制御部を含めたガス配管の漏れ検査方法を示します。 警告:ガス漏れが発生した場合は、ただちに装置の使用を中止し、当社指定のサービス担当店に装置の点検を依頼してください... 詳細表示

  • (AA) パイロットフレーム部の点検

    長期間の使用により、パイロットフレーム部の電極にススが付着することがあります。ここにススが付着すると、パイロットフレームがススにより遮られ、バーナに点火しにくくなります。また最悪の場合、点火できてもパイロットフレームが装置内にとどまってしまい引火するおそれがあります。 1. 装置の電源がOFF になっている... 詳細表示

  • (AA) アトマイザ位置の調整

    部品番号:206-52046-91カード(10 枚入り) 1. 通常使用する元素でフレーム法を選択します。 2. [分光器パラメータ]画面で点灯モードを[NON-BGC]に設定し、ランプを点灯してライサーチを実行します。 3. バーナヘッドが確実に装着されていることを確認し、バーナ上下位置調節ツマミで、... 詳細表示

  • (AA) バーナ部の保守

    バーナーヘッドの部品番号はこちら 警告:消火した直後はバーナヘッドが熱いので、30 分以上放置冷却後、取り外すようにしてください。 消火直後にバーナヘッドに触れると、やけどのおそれがあります。 注記:バーナ部の保守を行うとき、金属製のブラシは使用しないでください。 部品が傷つき、交換周... 詳細表示

  • (AA) ホローカソードランプ交換(AA-7000シリーズ)

    ホローカソードランプの部品番号はこちら ホローカソードランプ交換方法 警告: • 通電中はランプソケットの電極に触れないでください。 ランプの抜き差しは必ず点灯OFF にしたのち行ってください。 点灯をOFF にしないと感電するおそれがあります。 • 感電防止のため空き... 詳細表示

  • (AA) 重水素ランプの交換(AA-7000シリーズ)

    重水素(D2)ランプの部品番号はこちら 警告:D2 ランプの交換は、ランプ消灯後、30 分以上経過してから行ってください。やけどのおそれがあります。 注意: • 新しい光源の光束窓部に指紋をつけないよう清潔な手袋をはめて光源を持ってください。 光源の窓部が高温になった際、指紋などの... 詳細表示

  • (AA) 消耗品 ホロカソードランプ

    ▼L-233シリーズ(バックグラウンド補正なし,またはD2法で補正ありの場合使用) *KHシリーズは,販売を終了いたしました。 L-233シリーズをお使いください。 ▼L-2433シリーズ(D2法,SR法共にバックグラウンド補正ありの場合使用) * L-2433シリー... 詳細表示

75件中 61 - 70 件を表示

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page