よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 エネルギー分散型蛍光X線分析装置(EDX) 』 内のFAQ

35件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • (EDX) はんだ中のPb測定

    試料の偏析の影響が考えられます。 はんだはPbが表面に偏析することがあります。 EDX分析では試料表面の影響を強く受けるため、表面にPbが偏析している場合は⾼めに定量されます。 試料を急冷させて作成したり、表面を研磨することで、Pbの定量値が下がることがあります。 詳細表示

    • No:5715
    • 公開日時:2021/04/28 14:00
  • (EDX) ネジのめっき膜厚測定

    めっき厚をEDXで測ることは可能です。 定量計算方法は検量線法と薄膜FP法の2種類があります。 多層膜のめっき厚測定の場合、薄膜FP法の方が適しています。 めっき厚測定を⾏うには以下の2つの点を満たしている必要があります。 1) 試料の層の数、各層の元素情報が分かっている。 2) 分析径(コリメータ径)... 詳細表示

    • No:5713
    • 公開日時:2021/04/28 13:59
  • (EDX) 高濃度Sn水溶液分析

    ⾼濃度のSn水溶液を蛍光X線で測定する場合、自己吸収という現象により、含有量が⾼くなっても蛍光X線の強度が上がりにくくなる場合があります。 その場合、水溶液の希釈や分析線の変更で対処します。 詳細表示

    • No:5711
    • 公開日時:2021/04/28 13:57
  • (EDX) 分析深さ

    蛍光X線の分析深さは、試料の主成分、測定元素(分析線)によって変化します。 ・主成分が軽元素ほど深く、重元素ほど浅くなります。 ・測定元素が重元素(分析線が⾼エネルギー)ほど深く、軽元素(分析線が低エネルギー)ほど浅くなります。 詳細表示

    • No:5709
    • 公開日時:2021/04/28 13:56
  • (EDX) 簡単分析における%の単位

    簡単分析の結果にでてくる値はwt%です。 atom%の定量計算も可能です。 定量モードでは分析グループで単位を指定することで分析前に設定できます。 定性定量モードは、測定後にデータを再計算することでatom%の結果を得ることができます。 詳細表示

    • No:5707
    • 公開日時:2021/04/28 13:55
  • (EDX) 磁石の分析

    ・強い磁気を帯びた試料は測定できません。 もし、強い磁気を帯びた試料を測定するとX線管球に影響を及ぼします。 ・試料から7cm離れた場所で磁力が2ガウス以下の場合には測定可能です。 ・可能な場合は、他の試料と同様にRoHS分析条件で分析してください。 ・ただし、めっきが施されている試料の場合、めっきと磁石... 詳細表示

    • No:5705
    • 公開日時:2021/04/28 13:53
  • (EDX) Brを大量に含有する樹脂中のRoHS分析で、Hg検出

    ・BrKαESCピークの影響で、Hgが検出されたと考えます。 HgLα:9.99keV、BrKαESC:10.16keV ・EDXの場合、高強度のピークが観測されると、検出器由来のピーク(SUM、ESC)が観測され、そのピークが目的元素のピークを妨害する可能性があります。 詳細表示

    • No:5703
    • 公開日時:2021/04/28 13:52
  • (EDX) PbLαとPbLβ1の定量値が大きくずれている

    プロファイルを見てピークを確認してください。 ・PbLα(10.55keV)とPbLβ1(12.62keV)のピーク強度比を確認する。 PbLα:PbLβ1≒1:1 (通常) ・PbLαPbLβ1強度の場合 妨害元素が含まれている可能性があります。 よくある例 PbLα>PbLβ1:As(Kα:... 詳細表示

    • No:5700
    • 公開日時:2021/04/28 13:48
    • 更新日時:2021/04/28 13:50
  • (EDX) 定量分析でマイナスの定量値表示

    0ppmにおいて、X線強度のばらつきが、平均強度以下の場合にマイナスの値となります。 マイナスの値は、定量値0ppmとして扱います。 詳細表示

    • No:5698
    • 公開日時:2021/04/28 13:47
  • (EDX) めっき膜厚測定(複数層)

    ・どの層から発生した蛍光X線かを特定することはできないため、すべての層が未知の場合は、分析できません。 ・未知層は1つ、残りの層は既知(膜厚・組成とも)の場合は、既知層を固定値入力することで、分析できる可能性があります。 詳細表示

    • No:5696
    • 公開日時:2021/04/28 13:45

35件中 1 - 10 件を表示

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはOKWAVE社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page