よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 7320
  • 公開日時 : 2021/12/02 16:22
  • 印刷

(UH) キャリブレーション(E-CAL)

(UH) キャリブレーション(E-CAL)
UH-X/Xhシリーズ, UH-FX/Xhシリーズ, X形計測制御装置
カテゴリー : 

回答

試験機の電源を入れた後、キャリブレーション(E-CAL)を行います。この操作は1日1回行なってください。また、圧力セルやロードセルを交換したときには必ずキャリブレーションをしてください。
 
注意:
  • 15分以上通電してからキャリブレーションを行う。
  • キャリブレーションは無負荷で行う。
  • キャリブレーションは、テーブルを最下位置から10mm以上浮かせてから行う。
    正しくキャリブレーションが実行できません。
  • テーブルを動かすときは、可動部付近に人や物がないか確認する。
 
1. 制御モード切換スイッチを押して手動モードにします。手動モード時は制御モード切換スイッチが点灯しています。
2. テーブルが最下位置にあるときは、負荷制御つまみを [OPEN] まで回します。
  テーブルが上昇します。モニタに表示されている値から10 mm程度上昇させてください。
3. テーブルが10 mm程度上昇すれば、負荷制御つまみを [HOLD] にします。
  
4. 制御モード切換スイッチを押して自動モードにします。自動モード時は制御モード切換スイッチが消灯しています。
5. メッセージの [E-CAL実行] を押します。
  
6. 確認ウィンドウが表示されるので [はい] を押します。
  キャリブレーションを開始します。 完了するまで30秒かかります。完了するとメッセージが閉じ、試験画面が表示されます。
  
 
注記: 確認ウィンドウ表示中は、RETURNキーは無効です。RETURNキーにて原点復帰動作する場合は、[いいえ] を押して確認ウィンドウを閉じてからRETURNキーを押してください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPKSHA Communication社のシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page