よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 6614
  • 公開日時 : 2021/07/14 13:20
  • 印刷

(PDA) 故障時の基本的な確認事項

(PDA) 故障時の基本的な確認事項
カテゴリー : 

回答

障害の発生は、単純な原因によることがしばしばあります。障害発生時には、まず次の事項を確認してください。
 
• 電源はすべて入っていますか?
  装置本体の各電源が入っていることを確認してください。電源が入らないときは、装置に電源を供給している配電盤を確認してください。
  長期間の装置停止後の起動は、こちら
 
• 光検出器はON になっていますか?
  PDA-8000: 光検出器が[OFF]のときに分析すると、エラーメッセージが表示されます。[保守]の[装置チェック]画面で、[装置制御]の[検出器HV]を[ON]にしてください。
  PDA-7000: 光検出器がOFF の状態で分析を行うとエラーメッセージが表示されます。メンテナンス の 装置チェック 画面で光検出器をON にしてください。
 
• 分光器内圧は正常ですか?
  PDA-8000: [保守]の[装置チェック]画面で、[装置状態]の[真空計]が[OK]になっていることを確認してください。
  PDA-7000: メンテナンス の 装置チェック 画面で分光器内圧を確認してください。
 
• 分光器の温度は正常ですか?
  PDA-8000: [保守]の[装置チェック]画面で、[装置状態]の[温度調節]が[OK]になっていることを確認してください。
  PDA-7000: スイッチパネルの温度表示部の温度表示が40℃±1.0℃、設定温度が40℃になっているかを確認してください。
 
 
• スパークドアは正しく閉まっていますか?
  スパークドア(発行スタンドのドア)が正しく閉まっていないと、安全回路が作動して発光ができません。スパークドアが正しく閉まっていることを確認してください。
 
• 試料は試料押さえで正しくセットされていますか?
  試料は試料押さえで正しくセットしないと、スタンド内に空気が流入して異常放電を起こすことがあります。試料が試料押さえで正しくセットされていることを確認してください。
 
• アルゴンガスの純度と流量は正しいですか?
  使用するアルゴンガスは、以下の条件を守ってください。
    純度: 99.999 %以上
    酸素: 1 ppm以下
    露点: -70 °C
    流量分析中: PDA-8000: 5 L/分, PDA-7000: 10L/分
    待機中: PDA-8000: 0.5 L/分, PDA-7000: 1L/分
 
解決しない場合は、当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店に連絡してください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page