よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 5247
  • 公開日時 : 2021/03/26 13:25
  • 印刷

(AA) 吸光度またはエネルギーが低い

(AA) 吸光度またはエネルギーが低い(AA-7000F、AA-7000F/AAC)
カテゴリー : 

回答

原因1: 目的とする元素のホローカソードランプが装着されていないか、分析条件とは異なったソケットに装着されている。
処置1: 目的とする元素のホローカソードランプを正しく装着する。交換方法はこちら
 
原因2: 測定中に誤って[オートゼロ] ボタンが押された。
処置2: 試料代わりに溶媒を噴霧しながら[オートゼロ] ボタンを押す。その後、測定を再開する。
 
原因3: 重水素ランプの点灯時間が累積寿命時間を超えた。
処置3: 重水素ランプを交換する。交換方法はこちら
 
原因4: ホローカソードランプの点灯時間が累積寿命時間を超えた。
処置4: ホローカソードランプを交換する。交換方法はこちら
 
原因5: バーナヘッドのスロットが光軸上にない。
処置5: 原子化部の前後位置または上下位置を調整して、バーナスロットと光軸の位置関係を調整する。
 取扱説明書「アトマイザ/ ガス流量設定」を参照してください。
 
原因6: ネブライザ部のキャピラリに析出物や異物が付着した。
処置6: クリーニングワイヤを用いて、キャピラリの清掃を実施する。バーナ部の保守はこちら
 
原因7: ネブライザが劣化した。
処置7: ネブライザの交換をサービス担当店に依頼する。
 
原因8: サンプリングチューブが劣化した。
処置8: サンプリングチューブを交換する。バーナ部の保守はこちら
 
原因9: ネブライザ部キャピラリを覆っているポリエチレンチューブが破損している。
処置9: ポリエチレンチューブを交換する。バーナ部の保守はこちら
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page