• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)

『 ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS) 』 内のFAQ

62件中 41 - 50 件を表示

5 / 7ページ
  • (GCMS) フィラメントON時のエラー

    フィラメントON時のエラーメッセージが表示される場合の原因は以下が考えられます。 • [フィラメントが切れています]エラーが出る。 フィラメントの取付が正常に行われていない。 フィラメントが切れている。 フィラメントの交換は、こちら • [トラップ/トータル電流... 詳細表示

    • No:4596
    • 公開日時:2020/12/17 16:18
    • 更新日時:2021/09/03 15:08
    • カテゴリー: トラブル
  • (GCMS) 真空排気時のエラー

    真空系の自動起動でエラーが発生する場合は、以下の原因が考えられます。 原因1: RP1が回転してない。 対策1: RP1の電源ケーブルをMS背面に接続し、RP1のスイッチをONにしておいてください。 解決しない場合は、当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店に連絡してください。 ... 詳細表示

    • No:4594
    • 公開日時:2020/12/17 16:03
    • 更新日時:2020/12/17 16:04
    • カテゴリー: トラブル
  • (GCMS) GCMSsolution 起動時のエラー

    GCMSsolution起動時にエラーメッセージが表示される場合は、以下の原因が考えられます。 1. PCとMS、MSとGCの接続はきちんと行われていますか?接続を正しくしてください。 2. GCの電源は入っていますか?GCの電源を入れ、再起動してください。 3. MSの電源は入っていますか?M... 詳細表示

    • No:4593
    • 公開日時:2020/12/17 15:54
    • カテゴリー: トラブル
  • (GCMS) MS部のLED によるエラー表示の意味

    正常時のLED表示: MS 部の電源スイッチON → 3 つのLED すべて点灯 → 赤・緑ともに消灯 → 黄色のみ点灯になります エラー時のLED表示 黄色が点灯しない: 適切な電源が供給されていないまたは、電源部の異常 赤が点灯、緑が消灯: CPU 基板の起動不良 ... 詳細表示

    • No:4592
    • 公開日時:2020/12/17 15:49
    • カテゴリー: トラブル
  • (GCMS) 真空漏れチェック方法

    装置をセットアップした後や保守を行った後の装置の真空漏れをチェックする方法です。 真空漏れが明らかになったときは、「2. MS の真空漏れ」の要領で真空漏れの箇所を特定し、対処してください。 真空漏れ状態で装置を運転することは感度低下、ノイズ増加、フィラメント切断など諸問題の原因になります。そ... 詳細表示

  • (GCMS) 停電時の処理方法は?

    [起動・停止]画面の[オプション]をクリックし、[真空系自動復帰]にチェックが付いていれば、10 分程度の停電に対しては、通常は何もしていただく必要はありません。電力が回復すると自動的に装置が起動します。 長時間の停電に対しては、次のような操作を行ってください。 1. ガスクロ... 詳細表示

    • No:4590
    • 公開日時:2020/12/17 13:21
    • カテゴリー: トラブル
  • (GCMS) 化学イオン化法(CI, NCI)試薬ガスの設定手順

    部品番号: 225-07776-91 プラグキット (試薬ガスを使用しない場合の閉塞栓) 1. GCMSsolutionで、GC/MSを自動停止します。 完了の表示が出るまで待ちます。 2. 使用する試薬ガスを接続してください。 CI/NCIはメタン、イソブタンないし... 詳細表示

    • No:4585
    • 公開日時:2020/12/17 13:08
    • カテゴリー: 設定
  • (GCMS) 化学イオン化法(CI, NCI) 信号強度が著しく弱い

    原因1: 試薬ガスボンベの元栓,調圧器の調圧弁または出口開閉弁が閉じている。試薬ガスコントロール部のバルブがOFF になっている。 対策1: 各々の開閉状態を確認し,閉またはOFF のものがあれば開またはON にしてください。 原因2: イオン源ボックスの取付けが不完全またはインターフェース部キャップ... 詳細表示

    • No:4589
    • 公開日時:2020/12/17 12:59
    • カテゴリー: トラブル
  • (GCMS) 化学イオン化法(CI, NCI) 良好なスペクトルが得られない

    試薬ガスを導入しているにもかかわらず,試薬ガス導入量の最適化の条件を満たさない場合,主として試薬ガスの漏れが考えられます。以下に漏れのおこる原因を示します。 原因1: 試薬ガスボンベの元栓,調圧器の調圧弁または出口開閉弁が閉じている。試薬ガスコントロール部のバルブがOFF になっている。 対策1: 各... 詳細表示

    • No:4588
    • 公開日時:2020/12/17 12:59
    • カテゴリー: トラブル
  • (GCMS) DI-2010の操作方法

    部品番号: 225-04209 キャップ(DI-2010用キャップです) 225-09344 サンプルポット100個入 (DI-2010標準付属: Pyrex製サンプルポットです) 225-09470 石英サンプルポット(10個入り) 直接試料導入装置 DI-2010の操作方法を説... 詳細表示

    • No:4587
    • 公開日時:2020/12/17 12:45
    • 更新日時:2022/09/01 11:10
    • カテゴリー: 設定

62件中 41 - 50 件を表示

本サイトはPKSHA Communication社のシステム"PKSHA FAQ"を利用しています。