よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ICP発光分析装置(ICP) 』 内のFAQ

42件中 21 - 30 件を表示

3 / 5ページ
  • (ICPE) ブランクでも元素スぺクトル強度が高い

    • トーチの汚れ。 • スプレーチャンバーの汚れ。 「ガラスウェア、試料吸い上げ管、ドレンチューブの交換、点検」は、こちら • ブランク液の汚れ。 • リンス時間が短い。 解決しない場合は、当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店に連絡してください。 詳細表示

    • No:6685
    • 公開日時:2021/07/30 10:11
    • 更新日時:2021/07/30 10:19
    • カテゴリー: マルチ型(ICPE)
  • (ICPE) 高周波誘導コイル、冷却ジャケットで結露する

    • 水滴をガーゼ等で拭き取り、プラズマを点灯する。 • 装置設置場所が設置環境、設備要領を満たしているか確認して下さい。 解決しない場合は、当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店に連絡してください。 詳細表示

    • No:6684
    • 公開日時:2021/07/30 10:11
    • 更新日時:2021/10/04 10:07
    • カテゴリー: マルチ型(ICPE)
  • (ICPE) スペクトル強度の安定性が悪い

    • 装置設備場所が設置環境、設備要領を満たしていない。 • 「スペクトル強度がひどく低下」と同じ内容の問題がある。 「スペクトル強度がひどく低下」は、こちら • 排気ダクトの排気量が多い。 解決しない場合は、当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店に連絡してください。 詳細表示

    • No:6681
    • 公開日時:2021/07/30 10:11
    • 更新日時:2021/08/05 11:35
    • カテゴリー: マルチ型(ICPE)
  • (ICPE) スペクトル強度がひどく低下した

    • ネブライザーの先端に析出物が付着した。 • ネブライザーの劣化。 • 試料吸い上げ管の劣化。 • 試料吸い上げ管に気泡が入り試料吸い上げ量が低下。 • ネブライザーに試料吸い上げ管が正しく差し込まれていない。 • トーチのセンターオリフィス先端が汚れている。 • トーチのセンターオリフィス先端の溶... 詳細表示

    • No:6680
    • 公開日時:2021/07/30 10:09
    • 更新日時:2021/08/05 11:35
    • カテゴリー: マルチ型(ICPE)
  • (ICPE) パージ管の洗浄と交換(ICPE-9820)

    高濃度試料を測定した場合、パージ管に試料が付着することがあります。汚れがひどくなったときは、パージ管を取り外して、汚れをアルコールで拭き取ってください。また、欠けやヒビが見られた場合は、新しいものと交換してください。 警告: やけどをする恐れがあります。プラズマスタンド内の作業はプラズマ消灯後3分以... 詳細表示

  • (ICPE) 入口窓の洗浄

    警告: やけどをする恐れがあります。プラズマスタンド内の作業はプラズマ消灯後3分以上たった後に行ってください 注記: 洗浄前に分光器内をアルゴンガスで置換することで、短時間で再度真空に到達します。 しかし、洗浄作業に長時間を要したり、部屋の湿度が高かったりすると、分光器内が再度真空に到達するため... 詳細表示

    • No:6678
    • 公開日時:2021/07/30 09:52
    • カテゴリー: マルチ型(ICPE)
    • ウィザードFAQ
  • (ICPE) 非常時の処理

    1. 非常停止後の復旧 装置の電源スイッチを切って装置停止を行った場合以下の手順で復旧を行ってください。 1) コンピュータの電源スイッチをONにしてください。 2) 装置本体の電源スイッチを入れてください。 3) 「装置の立ち上げ」を参照して装置を立ち上げてください。 停電時... 詳細表示

  • (ICPE) 日常の装置停止

    1. プラズマを消灯する。 2. スタンド内を清掃する。また、ガラスウェアを洗浄する。 3. 廃液を処理する。 4. 真空ポンプを停止した後、リークバルブを開ける。 ヒント: 通常真空ポンプは止めない。 参照:「真空ポンプ停止時の処置」は、こちら 5 ソ... 詳細表示

    • No:6676
    • 公開日時:2021/07/30 09:13
    • 更新日時:2021/10/04 09:39
    • カテゴリー: マルチ型(ICPE)
    • ウィザードFAQ
  • (ICPE) 真空ポンプ停止時の処置

    注記: 真空ポンプを停止する場合は、モレキュラシーブのケース内を大気状態にしてください。 1.真空ポンプを停止した後、リークバルブを開ける。 (上から見て、反時計方向に2回転程回す) 2. リーク音が消えた後、リークバルブを閉じる。 詳細表示

  • (ICPE) 日常の装置立ち上げ

    1. 装置に冷却水を供給する。 水道水利用の場合は、水道水の元栓を開きます。冷却水送水装置をご使用の場合は、冷却水送水装置を始動します。 2. 装置にアルゴンガスを供給する。 アルゴンガス元栓を開きます。装置に供給するアルゴンガスの圧力は450±10kPaです。 3. プラズマ... 詳細表示

42件中 21 - 30 件を表示

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPKSHA Communication社のシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page