よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 原子吸光分光光度計(AA) 』 内のFAQ

40件中 21 - 30 件を表示

3 / 4ページ
  • (AA) ラインサーチ/ビームバランスに失敗する

    原因1: 原子化部に光路をさえぎるものがある。 処置1: 光路をさえぎるものがあれば取り除く。 原因2: 目的とする元素のホローカソードランプが装着されていないか、分析条件とは異なったソケットに装着されている。 処置2:目的とする元素のホローカソードランプを正しく装着する。交換方法はこちら ... 詳細表示

    • No:5243
    • 公開日時:2021/03/26 12:00
    • 更新日時:2021/03/29 11:51
  • (AA) S/N が悪い

    原因1:目的とする元素のホローカソードランプが装着されていないか、分析条件とは異なったソケットに装着されている。 処置1:目的とする元素のホローカソードランプを正しく装着する。交換方法はこちら 原因2: 燃焼室左右の窓板が汚れている。 処置2: アルコールを浸した柔らかい布で汚れをふき取る。... 詳細表示

    • No:5242
    • 公開日時:2021/03/26 11:54
  • (AA) 初期化時に波長原点エラーが発生する。

    原因1: 原子化部に光路をさえぎるものがある。 処置1: 光路をさえぎるものがあれば取り除く。 原因2: 重水素ランプの位置調整が適切でない。 処置2: 重水素ランプの位置調整をする。交換・調整方法は、こちら 原因3: 重水素ランプの点灯時間が累積寿命時間を超えた。 ... 詳細表示

    • No:5241
    • 公開日時:2021/03/26 11:42
  • (AA) 点火できない

    症状1: 点火操作をしてもなにも動作しない。エラーメッセージも表示されない。 原因・詳細・確認・処置 • 装置- PC 間の通信がOFF になっているか、装置の電源がOFF になっている。 装置正面右下の電源スイッチおよび表示灯を確認する。 電源スイッチをON にする。WizAA... 詳細表示

    • No:5240
    • 公開日時:2021/03/26 11:37
  • (AA) 逆火発生時の処置

    AA-7000 シリーズは逆火を防止するための安全装置を装備していますが、フレーム法で逆火が発生する場合があります。逆火発生時には、ただちに装置の使用を中止し、緊急時の処置を実施してください。 警告:逆火が発生した場合は、バーナヘッドが10 cm 上方に飛ぶ可能性があります。 注記: ... 詳細表示

    • No:5239
    • 公開日時:2021/03/26 11:22
  • (AA) 緊急時の停止操作

    [緊急時の処置] 原子吸光分光光度計に異常が発生したときなど、緊急時には以下の処理を行ってください。 なお、再び使用するときは、装置を点検し必要に応じてサービス担当店に連絡してください。 1. 原子吸光分光光度計の電源スイッチをOFF にしてください。 測定中であっても、電源スイッチをO... 詳細表示

    • No:5236
    • 公開日時:2021/03/26 11:11
    • 更新日時:2021/03/26 11:16
  • (AA) ドレインチューブの交換

    部品番号:016-43201-02ポリエチレンチューブ、8 × 1(ドレインチューブ) ドレインチューブが古くなると、破れて排液が漏れるおそれがあります。ドレインチューブの交換は、次の手順で行ってください。 1. ドレインタンクの排出口に接続されている古いポリエチレンチューブを外します。 2. 新しいポ... 詳細表示

    • No:5234
    • 公開日時:2021/03/25 10:42
  • (AA) 圧力調整器(オプション)の漏れチェック

    警告: • 配管を間違えると、点火時に逆火を起こす場合があります。 • ガスの供給圧は必ず指定された値に設定してください。 • 破損した圧力調整器は絶対に使用しないでください。ガス漏れの原因になります。 • 酸化二窒素を使用する場合は、専用の圧力調整器を使用してください。 • ボ... 詳細表示

    • No:5233
    • 公開日時:2021/03/25 10:34
  • (AA) ガス漏れ検査

    ガス制御装置内の燃料ガスチューブのガス漏れは、常時チェックされています。 ここではガス配管(お客様設備)、ガスホース(標準付属品)、装置内ガス制御部を含めたガス配管の漏れ検査方法を示します。 警告:ガス漏れが発生した場合は、ただちに装置の使用を中止し、当社指定のサービス担当店に装置の点検を依頼してください... 詳細表示

    • No:5232
    • 公開日時:2021/03/25 10:30
  • (AA) パイロットフレーム部の点検

    長期間の使用により、パイロットフレーム部の電極にススが付着することがあります。ここにススが付着すると、パイロットフレームがススにより遮られ、バーナに点火しにくくなります。また最悪の場合、点火できてもパイロットフレームが装置内にとどまってしまい引火するおそれがあります。 1. 装置の電源がOFF になっている... 詳細表示

    • No:5231
    • 公開日時:2021/03/25 10:24

40件中 21 - 30 件を表示

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page