よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 原子吸光分光光度計(AA) 』 内のFAQ

40件中 11 - 20 件を表示

2 / 4ページ
  • (AA) GFA, シールのクリーニング

    測定を重ねていくと、グラファイトの粉末や試料から発生する煙などにより、シール(PTFE 製リング)が汚れていきます。汚れがひどくなると試料の汚染の原因になるので、測定を始める前またはグラファイトチューブを交換するときにクリーニングをしてください。 シールをグラファイトホルダから取り外し、蒸留水またはアルコールの... 詳細表示

    • No:5323
    • 公開日時:2021/03/31 11:47
    • 更新日時:2021/04/13 08:58
  • (AA) GFA, スライド金具のクリーニング

    右側の冷却ブロックは、2 本のガイド棒に沿って左右に動きます。試料加熱時、グラファイトチューブは膨張し、スプリングの力に抗して右側ブロックをわずかに移動させますが、ブロックの動きが悪いとグラファイトチューブに無理な力が加わり、グラファイトチューブが折れたり、また、グラファイトチューブが正しく固定されなかったりする... 詳細表示

    • No:5322
    • 公開日時:2021/03/31 11:45
    • 更新日時:2021/04/13 09:00
  • (AA) GFA, 温度センサ部のクリーニング

    警告: フィルタはガラス製です。破損しないよう注意して取り扱ってください。割れたガラスによってけがをするおそれがあります。 グラファイト炉加熱時、グラファイトチューブ表面から放射された光は、グラファイトキャップの発光検出孔を通って温度センサ部内に入り、フィルタを通ってフォトセルに照射されます。グラフ... 詳細表示

    • No:5321
    • 公開日時:2021/03/31 11:43
    • 更新日時:2021/04/13 09:01
  • (AA) GFA, グラファイトキャップ・グラファイトホルダの クリーニン...

    1. イジェクトアームを押してロックを解除し、グラファイトチューブを取り外します。 2. 窓板ソケットを冷却ブロックから引き抜きます。 3. 清浄なペーパークロスなどを用いて、グラファイトキャップの側面にある試料注入口と発光検出孔(内径2 mm)の内面に付着したススを完全に取り除きます。 4. 同様にグラフ... 詳細表示

    • No:5319
    • 公開日時:2021/03/31 11:28
    • 更新日時:2021/04/13 09:02
    • ウィザードFAQ
  • (AA) GFA, 窓板ソケットおよび窓板のクリーニング

    警告: • 感電注意、グラファイト炉および加熱ケーブルの脱着は電源を切ってから行ってください。 • 窓板はガラス製です。破損しないよう注意して取り扱ってください。 割れたガラスによってけがをするおそれがあります。 注記: • 測定を重ねていくと、グラファイトの粉末や試料から発生する... 詳細表示

    • No:5318
    • 公開日時:2021/03/31 11:10
    • 更新日時:2021/04/13 09:08
  • (AA) GFA, グラファイトキャップ・グラファイトホルダの装着

    1. グラファイトキャップを装着します。 2. リリースレバーを押して、炉のロックを解除し、向かって右側の冷却ブロックを右側いっぱいまで開きます。 3. グラファイトキャップの試料注入口を上にし、向かって左側の冷却ブロックの穴に、炉の内側方向からグラファイトキャップを挿入します。このとき、冷却ブロック内側のピ... 詳細表示

    • No:5316
    • 公開日時:2021/03/31 10:51
    • 更新日時:2021/04/13 09:04
  • (AA) フレームが安定しない

    原因1: バーナヘッドのスロットに析出物が付着している。 処置1: バーナヘッドの洗浄を行う。バーナ部の保守はこちら 原因2: 溶解アセチレンボンベの残量が少なくなっている。 処置2: ボンベを新しいものと交換する。 詳細表示

    • No:5248
    • 公開日時:2021/03/26 13:27
  • (AA) 吸光度またはエネルギーが低い

    原因1:目的とする元素のホローカソードランプが装着されていないか、分析条件とは異なったソケットに装着されている。 処置1: 目的とする元素のホローカソードランプを正しく装着する。交換方法はこちら 原因2: 測定中に誤って[オートゼロ] ボタンが押された。 処置2: 試料代わりに溶媒を噴霧しながら... 詳細表示

    • No:5247
    • 公開日時:2021/03/26 13:25
  • (AA) スパイク状のノイズが発生する

    原因: ホロカソードランプの点灯状態が安定していない。 処置:ラインサーチ後、15 分程度放置して暖気を行う。暖気後再度ラインサーチを実行する。 詳細表示

    • No:5245
    • 公開日時:2021/03/26 12:04
  • (AA) 吸光度が-1(マイナス1)になる

    原因1: ホローカソードランプと重水素ランプの光路が一致していない。(BGC-D2 モードの場合) 処置1:重水素ランプの位置調整を行う。交換・調整方法はこちら 原因2: 炎または試料に由来する発光の影響を受けている。 処置2: ブランク液を噴霧させながらラインサーチを行う。 測定範... 詳細表示

    • No:5244
    • 公開日時:2021/03/26 12:02
    • 更新日時:2021/03/26 12:06

40件中 11 - 20 件を表示

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page