よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 6789
  • 公開日時 : 2021/08/19 15:47

(GAS) 校正

(GAS) 校正
 
機種を選択してください。
CGT-7100
測定成分のゼロ,スパン校正を行うための画面です。『モニター』において [CAL] を押すと,下図の画面へ進み,もう一度押すと『モニター』へ戻ります。校正画面に入ると,サンプル/ドレンポンプは停止します。
(1) 画面の名称です。『モニター』,『初期画面』を除くすべての画面において,この位置には常に画面名が表示されます。
(2) 成分名です。
(3) 現在,使用中のレンジです。
(4) 現在,校正対象である成分を示します。(F1キーにより校正対象成分の切り替えができます。)
(5) ゼロおよびスパン校正の標準ガス濃度です。(O2のみゼロの標準ガス濃度が設定できます。)
(6) 測定濃度です。
(7) メッセージです。
(8) 『一般条件(1)』のレンジ同時校正において“あり”を設定するとRNGが表示され,“なし”を設定すると何も表示されません。
(9) 『一般条件(1)』の成分同時校正において“あり”を設定するとOBJが表示され“なし”を設定すると何も表示されません。
(10) PUMPキー(操作パネルカーソルキー左)を押すことにより校正画面でもポンプを動作させることができます。
 
操作:
• 校正対象成分の選択: [→ CO2](F1)
  校正対象成分を示す[ ]枠が次の校正対象成分(たとえばCO2側)へ移動します。
• 標準ガス濃度の設定: [▼] → [SEL+], [SEL-] → [ENTER]
  設定を行う標準ガス濃度へカーソルを移動します。ただし,O2以外のゼロは設定できません。
  校正に使用する標準ガス濃度の数値に変更します。
  標準ガス濃度を確定します。
• ゼロ校正またはスパン校正: [ゼロ](F3), [スパン](F4) → [即時校正](F2), [取消](F4)
  指示のふらつきを自動監視し,安定になったときに校正が行われます。(指示安定点の自動判断機能)最短時間は2.5分(ただし,5vol% O2レンジは5分)で,15分間監視して安定でない場合は,強制的に校正が行われます。
  [即時校正](F2): 指示安定点の自動判断機能にかかわらず校正を行います。
  [取消](F4): 指示安定点の自動判断機能を中止し,校正を取り止めます。
どちらに当てはまるか、選んでください

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPKSHA Communication社のシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page