よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 8424
  • 公開日時 : 2022/02/25 12:35
  • 印刷

(PPSQ) ペプチドのPVDF膜での分析

(PPSQ) ペプチドのPVDF膜での分析
カテゴリー : 

回答

通常、ペプチドの溶液サンプルについてシーケンス分析を行う場合、ポリブレン処理されたガラスファイバディスクをサンプル支持体として分析を行います。PVDF膜は、ペプチドサンプルの保持力が弱いため、タンパク質と同じようにロードを行うだけでは、よい結果が得られないことがあります。PVDF膜を用いてペプチドのシーケンス分析を行う場合、下記の方法でシーケンス分析をすることが可能です。
 
1. PPSQ のリアクタに入るようにカットしたPVDF 膜をメタノールに浸します。

2. PVDF 膜をリアクタにセットし、サンプルをロードします。
  
 
3. サンプルを乾燥させます。(約10分)

4. ポリブレン溶液を調製します。
  ポリブレン溶液: 20μL
  0.1% TFA(Trifluoro acetic acid): 10μL
  メタノール: 70μL
  合計: 100μL
  注記: この溶液は保存できません。用時調製を行ってください。
 
5. 10μLをPVDF 膜にロードしリアクタ中で10分間自然乾燥させます。

6. リアクタを組み立て、通常のシーケンス(PVDF)分析を行います。
  1サイクル目にポリブレンの影響によるピークが現れることがあります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPKSHA Communication社のシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page