よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 8422
  • 公開日時 : 2022/02/25 12:29
  • 印刷

(PPSQ) 塩の多いサンプル

(PPSQ) 塩の多いサンプル
カテゴリー : 

回答

プロテインシーケンサで分析するサンプルに多量の塩が含まれている場合、得られるクロマトグラムのバックグラウンドが高くなった、移動相が汚れたりする場合があります。その場合、下記の方法で簡単に脱塩を行い、シーケンス分析をすることが可能です。
 
1. PPSQ のリアクタに入るようにカットしたPVDF 膜をメタノールに浸します。
 
2. PVDF 膜をリアクタにセットし,サンプルをロードします。
  
 
3. サンプルを乾燥させます。(約10分)
 
4. サンプルを乾燥させたPVDF 膜を10%エタノール溶液10mL中に浸し,2~3分間超音波処理で脱塩を行います。
  超音波処理ができない場合は,ピンセットでPVDF 膜をつかみ,10%エタノール中ですすいでください。
 
5. PVDF 膜を10%エタノール溶液から取り出し,リアクタ中で10分間自然乾燥させます。

6 リアクタをセットし,シーケンス分析を開始します。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPKSHA Communication社のシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page