よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4844
  • 公開日時 : 2021/01/25 11:31
  • 印刷

(RF) シッパー6000 しごきポンプ用チューブ交換方法

(RF) シッパー6000 しごきポンプ用チューブ交換方法
カテゴリー : 

回答

しごきポンプ用チューブは消耗品です。吸入する薬品や条件によってチューブの寿命が変わります。
チューブの交換は目安として、累計24時間程度で使用してください。本シッパーのしごきポンプに使用しているチューブは特殊な塩ビ系チューブを使用しています。他のシリコンチューブやタイゴンチューブなどのチューブは使用できませんので、交換の際は必ず本シッパーに付属の塩ビ系チューブを使用してください。
 
1. チューブの交換に先立って試料を何も吸引しないでエアパージを繰り返し、チューブ内の液を充分排出しておいてください。
 
2. 吸入カバーを外してください。
 
 
3. ポンプヘッドについている塩ビ系チューブをフィッティングB側から取り外してください。
  注記: ローターを手で時計回りに回転させると抜き取りが簡単です。
 
 
4. 塩ビ系チューブをフィッティングから取り外し、105 mmに切り取った新しい塩ビ系チューブを取り付けます。
  部品番号: 200-54565-02  塩ビ系チューブ(内径 ø3 x 外径 ø5)
 
5. フィッティングAをポンプヘッドにはめ込み、塩ビ系チューブを手で引っ張りながらローターとポンプヘッドの間に取り付けてフィッティングBをポンプヘッドにはめ込みます。
  注記: ローターを反時計回りに回転させると取り付けが簡単です。
 
 
6. チューブの交換後、ローターを反時計方向に2、3回転させ、チューブがローターとポンプヘッドの間で確実に押しつぶされている事を確認してください。
 
7. 吸入カバーを取り付けてください。
  注記:
  • シッパーを長時間(1週間以上)使用しない場合は、手順3の状態にして放置しておけば、チューブの塑性変形はありません。ただし、この時シッパーが十分洗浄された状態でないと乾燥によって汚れがフローセル内壁に付着しますので注意してください。
  • チューブがローターとポンプヘッドの間からはみでている場合は、試料吸入量の再現性が悪くなったり、吸入口より液の逆流が起こったりします。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page