よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4771
  • 公開日時 : 2021/01/14 09:40
  • 更新日時 : 2021/01/16 15:41
  • 印刷

(HPLC) 送液ユニットの流量正確さ測定方法

(HPLC) 送液ユニットの流量正確さ測定方法
カテゴリー : 

回答

1. ポンプ出口に抵抗管(ID0.1x4m: 部品番号: 228-32722-92)を接続する。
2. 流路の移動相溶媒を完全に純水に置き換える。
3. [PARAMETER]グループ内の[COMP]を表示し、現在の設定値を記録した後、値を「0.45」に設定する。
4. 測定したい流量(例: 1mL/min)を設定する。
5. 例; メスシリンダーを使用した手順
  a) 抵抗管の出口をメスシリンダの内壁に接触させます。
  b) メスシリンダ内の水面が適当な目盛線に一致したところで、測定を開始します。
  c) メスシリンダ内に純水が5mLたまるのに要する時間を、ストップウォッチで測定します。
   
    注記: 測定時間を2分などに固定し、測定前後の重量差より流量正確さを求めることも可能です。
6. 流量を補正を行う場合
  a) [CARIBRATION]グループ内の[FLOW COMP FACT](ALPHA)を表示します。
  b) 流量を増やしたい場合は、増やした量(%)だけ、現在の値に加えた数値を入力します。流量を減らしたい場合は、逆に現在の値から引いて入力します。
    例: 流量の実測値が設定流量よりも1.45%少ない場合、現在の補正流量パラメータの値が5.00であると、5.00+1.45=6.45を入力すれば実流量が約1.45%増えます。
7. 終了後、3.と同様の手順で、[COMP]の設定値を元の値に戻します。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page