よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2925
  • 公開日時 : 2020/10/23 12:46
  • 印刷

送液ユニット(ポンプ)のマニュアルパージ

送液ユニット(ポンプ)のマニュアルパージ
カテゴリー : 

回答

オートパージで十分にパージができない場合や、サクションチューブに液が無い場合などは、下記の手順でシリンジを用いたマニュアルパージを行います。
1. 移動相を入れたリザーバーびんにパージしたい流路のサクションチューブを入れ、リザーバートレイにセットする。
2. 送液ポンプのドレインチューブをオートサンプラのドレインポートから取り出して、先端にニードル付シリンジを差し込む。
3. 送液ポンプの右パネルを開け、ドレインバルブ(A)を反時計方向に90°回して、ドレインバルブを開ける。
4. シリンジで移動相を吸引する。
    吸引量の目安は10 mLです。
5. 別の移動相ポートもマニュアルパージする場合は、移動相ポートを変更し、同様にシリンジで移動相を吸引する。
6. すべての流路のマニュアルパージが完了したら、ドレインバルブ(A)を回転が止まるまで時計方向に回してドレインバルブを閉じる。
7. 送液ポンプの右パネルを閉じる。
8. シリンジを取り外す。送液ポンプのドレインチューブをオートサンプラのドレインポートへ戻す。
9. オートパージをそれぞれ3分間以上実行する。
    マニュアルパージを行った移動相ポートについて、流路に気泡がなくなるまで実行します。
マニュアルパージでは送液ポンプから下流側の配管は置換されていません。送液ポンプから下流側の配管を置換するため、マニュアルパージ後はそれぞれ3分間以上、流路に気泡がなくなるまでオートパージを行ってください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page