よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2913
  • 公開日時 : 2020/10/22 15:06
  • 印刷

【イオンクロマトグラフ】カラムが劣化したかどうかを判断するときの目安を教えてください。

【イオンクロマトグラフ】カラムが劣化したかどうかを判断するときの目安を教えてください。
カテゴリー : 

回答

ピークがブロードになったり,テーリングやショルダーピークが出現したりした場合は劣化していると考えられます。定量的な判断は,理論段数を算出することにより評価できます。
 
解説:
カラムが劣化したとき,クロマトグラムに以下のような症状が現れます。
• ピークがブロードになる。近接したピーク同士の分離が悪くなる。
• ピーク形状が悪くなる。例えばテーリングがひどくなる,ショルダーピークが出る,ピークトップが割れるなど。
• 保持時間が全体に短くなる。
こうした症状が発生した場合に最初にするべきことは,それがガードカラムとメインカラムのどちらに起因しているかの切り分けです。ガードカラムを外してメインカラムのみを接続した状態で再度クロマトグラムを採取します。原因がどちらにあるか判明したら,その洗浄もしくは交換を行います。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page