• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 熱分析(TA) 』 内のFAQ

64件中 51 - 60 件を表示

6 / 7ページ
  • <DSC-60 Plus>液晶ディスプレイの異常

    基板または部品が故障している可能性があります。 装置の主電源を切り、当社営業所、代理店、当社指定のサービス担当店に連絡してください。 詳細表示

    • No:3204
    • 公開日時:2020/10/29 15:45
    • 更新日時:2021/11/04 11:39
    • カテゴリー: DSC-60Plus
  • <DSC-60 Plus>電源が入らない

    基板または部品が故障している可能性があります。 装置の主電源を切り、当社営業所、代理店、当社指定のサービス担当店に連絡してください。 詳細表示

    • No:3203
    • 公開日時:2020/10/29 15:45
    • 更新日時:2021/07/26 13:30
    • カテゴリー: DSC-60Plus
  • <DSC-60 Plus>冷却測定時に装置外壁等に霜がつく

    設置環境が高湿となっている可能性があります。 <対策> 部屋の除湿等の空調を行ない、設置環境に適する環境にしてください。 詳細表示

    • No:3202
    • 公開日時:2020/10/29 15:45
    • カテゴリー: DSC-60Plus
  • <DSC-60 Plus>冷却測定時に加熱炉蓋に霜がつく

    ドライガス、パージガスが供給されていない可能性があります。 <対策> ドライガス、パージガスを所定量、流してください。 詳細表示

    • No:3201
    • 公開日時:2020/10/29 15:45
    • カテゴリー: DSC-60Plus
  • <DSC-60 Plus>冷却測定時に側面ファンが動作しない

    イントラクーラを接続している場合は、側面のファンは動作しません。(常時) 液体窒素による冷却時に冷媒槽が十分に冷えると、側面ファンは停止します。 このような場合は故障ではありません。 上記のような場合でない時は修理・交換が必要です。 装置の主電源を切り、当社営業所、代理店、当社指定のサ... 詳細表示

    • No:3200
    • 公開日時:2020/10/29 15:45
    • 更新日時:2021/09/22 16:01
    • カテゴリー: DSC-60Plus
  • <DSC-60 Plus>冷却測定時に、設定温度まで、または設定速度で冷却できない

    液体窒素のレベルが下がりすぎている可能性があります。 <対策> 液体窒素を冷媒槽の半分以上のレベルまで満たしてください。 詳細表示

    • No:3199
    • 公開日時:2020/10/29 15:45
    • カテゴリー: DSC-60Plus
  • <DSC-60 Plus>冷却測定時にベースラインドリフトやノイズが大きい

    <対策> 液体窒素のレベルが下がりすぎている可能性があります。 液体窒素を冷媒槽の半分以上のレベルまで満たしてください。 <対策> 液体窒素の供給は時間をかけておだやかに行ってください。 詳細表示

    • No:3198
    • 公開日時:2020/10/29 15:45
    • カテゴリー: DSC-60Plus
    • ウィザードFAQ
  • <DSC-60 Plus>温調中、熱流量信号(DSC信号)のノイズレベルが大きい

    ついたてなどを使用して、風が本機に直接当たらないようにしてください。 温度変動の小さい場所に、設置してください。 据付場所を変更してください。 (移設は当社営業所、代理店、当社指定のサービス担当店に依頼してください) 基板または部品の交換が必要です。 装置の主電源を切り、当社営業所、代理店... 詳細表示

    • No:3197
    • 公開日時:2020/10/29 15:45
    • カテゴリー: DSC-60Plus
    • ウィザードFAQ
  • <DSC-60 Plus>熱流量信号(DSC信号)のベースラインドリフトが大きい

    ベースライン調整を行い、パラメータK値を再設定してください。 ※新しいK値は自動で元のK値を加味した状態で再計算されます。 ベースライン調整係数の設定方法 [装置]メニューの[ベースライン調整係数設定]を選択します。 調整はK値を入力することによって、ベースラインの(温度に対する)傾き... 詳細表示

    • No:3196
    • 公開日時:2020/10/29 15:45
    • カテゴリー: DSC-60Plus
    • ウィザードFAQ
  • <DSC-60 Plus>熱流量信号(DSC信号)の振れる向きが逆

    測定する試料(サンプル)は向かって右側に置いてください。 左側には基準物質(リファレンス)を置きます。 基板または部品の交換が必要です。 装置の主電源を切り、当社営業所、代理店、当社指定のサービス担当店に連絡してください。 詳細表示

    • No:3159
    • 公開日時:2020/10/29 15:45
    • 更新日時:2021/07/21 15:42
    • カテゴリー: DSC-60Plus
    • ウィザードFAQ

64件中 51 - 60 件を表示

本サイトはPKSHA Communication社のシステム"PKSHA FAQ"を利用しています。