よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 全般 』 内のFAQ

62件中 31 - 40 件を表示

4 / 7ページ
  • ゴーストピークが発生します

    サクションフィルターについては、目詰まり点検をしてください。 また、次の手順で洗浄してください。 1 17%リン酸水溶液を流量1 mL/minで約30分間通液してください。(送液圧:1~5 MPa) 2 純水を流量9 mL/minで約30分間通液してください。(送液圧:... 詳細表示

    • No:1261
    • 公開日時:2020/06/16 09:08
    • 更新日時:2020/06/24 11:54
    • ウィザードFAQ
  • ピークが出ません

    カラムを既知の分析条件で確認し、劣化している場合は交換してください。 送液ポンプ(送液ユニット)が正常に作動しているか確認し、処置してください。 試料びんに必要量の試料を入れてください。 タイムプログラムを確認し、正しい内容にしてください。 流路の逆洗浄をしてください。 流路を点検し、詰まりのあ... 詳細表示

    • No:1260
    • 公開日時:2020/06/15 17:24
    • ウィザードFAQ
  • ピーク形状が異常です

    カラムを既知の分析条件で確認し、劣化している場合は交換してください。 オートサンプラの高圧バルブを逆洗浄してください。 逆洗浄しても効果がない場合は、ニードルや配管を交換してください。 ニードル内部を移動相溶媒で洗浄してください。 洗浄しても効果がない場合は、ニードルや配管を交換してください。 ... 詳細表示

    • No:1259
    • 公開日時:2020/06/15 16:09
    • 更新日時:2020/06/24 11:55
    • ウィザードFAQ
  • ピークの保持時間が変動します

    2-プロパノールを送液して、送液ユニット(送液ポンプ)のチェックバルブを洗浄してください。 ただし、緩衝液を使用している場合、まず純水を送液してチェックバルブを洗浄してください。 その後、2-プロパノールを送液して、洗浄してください。 洗浄しても効果がない場合は、チェックバルブを超音波洗浄、または交... 詳細表示

    • No:1258
    • 公開日時:2020/06/15 15:38
    • 更新日時:2020/06/24 11:35
    • ウィザードFAQ
  • Pause状態のまま分析が次に進みません

    イベント入力端子1の設定がReady Inになっていることが考えられます。 システムコントローラの環境設定の[イベント入力端子]の設定を見直してください。 詳細表示

    • No:1254
    • 公開日時:2020/06/15 14:39
    • 更新日時:2020/09/04 09:07
  • オートサンプラ、フラクションコレクタと接続できません

    システムコントローラだけを再起動した場合に、接続できないことがあります。 SIL-10Ai/P/FまたはFRC-10Aも再起動してください。 詳細表示

    • No:1253
    • 公開日時:2020/06/15 14:24
    • 更新日時:2020/06/24 12:03
  • 装置のバージョン情報が表示されません

    接続している装置が、LC-6AD/7A, LC-8Aではバージョン番号が表示されません。 詳細表示

    • No:1252
    • 公開日時:2020/06/15 14:20
    • 更新日時:2020/06/24 12:35
  • Web画面に装置が表示されません

    Web画面には、これらの装置は表示されません。 モニタする場合は、ワークステーションまたは、SCL-40のタッチパネルからご確認ください。 詳細表示

    • No:1250
    • 公開日時:2020/06/15 13:35
    • 更新日時:2020/06/24 12:35
  • SCL-40にて、装置が認識されません

    リンクモードが[固定]になっている可能性があります。 ワークステーションを強制終了した場合に発生しやすいようです。 リンクモードを[自動]に設定してください。 詳細表示

    • No:1249
    • 公開日時:2020/06/15 13:33
    • 更新日時:2020/06/24 12:36
  • リークトレー上に移動相がこぼれてもエラーメッセージが出ません

    リークセンサーの感度不良の可能性があります。 取扱説明書に従って、リークセンサーについてはリークトレーの清掃を行ってください。 さらに、リークセンサーの検査(チェック)を行ってください。 NGの場合、感度を調整(校正)してください。 詳細表示

    • No:1240
    • 公開日時:2020/06/15 11:10
    • 更新日時:2020/06/24 11:37

62件中 31 - 40 件を表示

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page