よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4864
  • 公開日時 : 2021/01/27 10:38
  • 更新日時 : 2021/01/27 20:59

(FTIR) 自己診断機能

(FTIR) 自己診断機能
自己診断機能を有しております。動作中もしくは初期化時に装置の状態を自動でチェックしますので、自己診断で全てOK であれば正常にご使用いただけます。
機種を選択してください。
IRAffinity-1シリーズ

回答

• 装置初期化時および[装置] - [自己診断]を実行した時にチェックする項目
  1. レーザー点灯
  2. 光源点灯
  3. 干渉計内の湿度
  4. 固定鏡のピエゾアクチエータの電圧
  5. 赤外パワースペクトルの形状
  6. オートサンプルチェンジャーの有無
  7. レーザー、光源の使用時間
• 装置稼働中常にチェックする項目 - ステータスウィンドウ
  1. レーザー点灯
  2. 光源点灯
  3. 干渉計内の湿度
  4. 光束切り替えキットの設定(光束の向き)
  5. オートサンプルチェンジャーの有無と状態
  6.QuickStart 付属品の有無と情報
 
« 装置初期化時の自己診断 »
LabSolutions IR の[装置] - [初期化]を選ぶと、IRAffinity-1(S) の初期化を開始し、自己診断を行います。自己診断結果はログウィンドウに記録されます。
診断の各項目が良好であればOK、不良であればFail と記録されます。
 
「レーザー点灯」、「光源点灯」がNG の場合は各々部品交換が必要です。当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店に連絡してください。
「干渉計内の湿度」がNG の場合は、干渉計内部の湿度が上昇し、内部の光学素子がダメージを受けている可能性があります。
  1) 直ちに電源コードを抜いて、IRAffinity-1(S) は使用しないでください。
  2) 直ちに、トップカバーを開け、シリカゲルを新品と交換してください。交換方法はこちら
  3) その上で、当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店に連絡してください。
「赤外パワースペクトルの形状」ではブランク(何も試料がない状態)の赤外エネルギー測定を行いますので、初期化時(自己診断時)には試料室に何も入れない状態にしてください。もし試料室で光を切っていたためNG となった場合でも、LabSolutions IR のプルダウンメニューからいつでも[自己診断]を実行することができます。もし試料室に何も入れない状態でも本項目がNG となった場合は、まずパラメータが正しく設定されているかを確認してください。パラメータ設定に問題がなければ「自動調整」を実行してください。自動調整実行後でも本項目がNG の場合は、ビームスプリッタの劣化等の原因が考えられますので、当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店に連絡してください。
 
« 自己診断 »
LabSolutions IR の[装置] - [自己診断]を選ぶと、装置の状態を調べることができます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page