よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3162
  • 公開日時 : 2020/11/18 15:33

LCMSマニュアルチューニング

LCMSマニュアルチューニング
 
機種を選択してください。
LCMS-8030/40/45/50/60

回答

マニュアルチューニングでは、ピークを観察しながらマニュアルで装置を調整できます。マニュアルチューニングでピークが確認できないときは、オートチューニングを実行してください。
 
注記:
• 標準試料を用いたイオン観察はESI分析でできます。
• APCIユニットが取り付けらている場合はESIユニットまたはIonFocus ユニットに交換してください。
• DUISモードでマニュアルチューニングを行う場合はニードルユニットを取り外して行ってください。IonFocus ユニットでは、DUIS用フォーカスユニットASSYではなく、フォーカスユニットASSYを使用してください。
 
注意: 検出器を交換したときは、新規チューニングファイルを作成し、以前のチューニングファイルを使わないようにする
 
1. 標準試料を接続する。
2. LabSolutionsを起動する。
3. (チューニング)アイコンをクリックする。
    チューニング画面が開きます。
   
4. (マニュアルチューニング)アイコンをクリックする。
    マニュアルチューニングの画面が開きます。
   
5. ネブライザーガス、ヒーティングガス,各ヒーター(DL、ブロックヒーター,インターフェイスヒーター)、MS検出器ボタンをONにする。
    ヒント: ヒーティングガスとインターフェイスヒーターの両方をONにした時に、ヒーティングガスのアイコンはグレーになります。
   
6. (標準試料)ボタンをONにする。
   
    試料配管内部が標準試料で満たされるまで、約1分間試料は流れません。
7. マニュアルチューニング画面でピークを確認する。
    マニュアルチューニングでは、各分析モードにおいて以下のイオンを観察できるように画面設定されています。
    • ポジティブモードで設定されているイオン
   
    • ネガティブモードで設定されているイオン
   
 
• 表示画面数の切替
   
• 正イオン、負イオンのモニタの切替
   
• モニタするm/z値の入力
   
• モニタ倍率を変更する場合
    [倍率]に数値を入力します。
   
    イオン観察枠内にマウスを移動しダブルクリックすると最大強度で規格化し、表示されます。
8. (チューニング結果)をクリックし、マニュアルチューニングを終了する。
   
   
    保存確認のメッセージが表示されます。マニュアルチューニング結果を保存する場合は、[はい]をクリックします。
9. マニュアルチューニングで観察した標準試料のピークプロファイルとスペクトルを「保存する/しない」を選択する。
    [はい]を選択すると次のメッセージが表示されます。
   
10. 保存したチューニングファイルを、デフォルトチューニングファイルとして使用するかしないかを選択する。
    注記: 通常、マニュアルチューニングのチューニングファイルをデフォルトとしては使用しないため,「いいえ」を選択してください。
   
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPKSHA Communication社のシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page