よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2241
  • 公開日時 : 2020/09/09 14:58

【臭素酸分析システム】ピークが小さい、または検出されない、またはベースラインノイズが大きい

ピークが小さい、または検出されません。またはベースラインノイズが大きいです。
オートサンプラの注入不良

回答

・オートサンプラのリンス液の残量を確認し、パージを行ってください。
 
・クロマトグラムを確認してください。
 ブランクで確認される臭素酸以外のピーク面積の変動が大きい場合は、インジェクションポートなどの試料注入系の部分的な閉塞等による注入不良の可能性があります。
 
・精製水を10回程度繰り返し注入し、バイアルの重さの減少量を確認してください。
 計算値と異なるときは、オートサンプラの注入不良のおそれがあります。
 
注記
注入不良の時は、部品交換などのメンテナンスが必要な場合があります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPKSHA Communication社のシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page