よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 7060
  • 公開日時 : 2021/10/07 10:33
  • 更新日時 : 2021/10/29 14:59
  • 印刷

メソッドファイル / バッチファイル / レポートフォーマットファイルにオーディットトレイルログを残す (LabSolutions DB/CS)

メソッドファイル / バッチファイル / レポートフォーマットファイルにオーディットトレイルログを残したい
カテゴリー : 

回答

ここでは、[データ採取] ウィンドウでのメソッドファイルにオーディットトレイルログを残す設定について説明します。
 
1. [データ採取] ウィンドウの [ファイル] メニューの [メソッドファイルのプロパティ] をクリックする。
 

2. [オーディットトレイル] タブをクリックした後、各項目を設定して [OK] をクリックする。
 
  (1) [変更履歴をファイルに残す] をオンにします。
  (2) [理由は入力しない] をクリックすると、変更内容や日時、変更を実施したユーザー名のみの変更履歴が残ります。
    より適正に変更管理するためには、[ファイル保存時に理由を入力] をクリックして、変更内容を保存するたびに、変更理由などのコメントを入力するように設定します。
    この設定をしたメソッドファイルのパラメータを変更すると、その変更履歴がオーディットトレイルログとしてファイル内に残るようになります。これにより、装置パラメータやデータ処理パラメータの変更履歴を残せます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page