よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 6792
  • 公開日時 : 2021/08/20 11:19
  • 印刷

(GAS) ガス漏れ検査 (CGT-7100)

(GAS) ガス漏れ検査 (CGT-7100)
カテゴリー : 

回答

1. 試料ガス入口(SMPL)に配管がない状態で,切換コックをSMPLに切り換えてください。
2. 電源投入後MEASキーを押し,流量計指示が1.0L/min(*2)になるようにニードル弁を調整してください。
  (小流量セット付きは100~400mL/minに調整してください)
3. 試料ガス入口(SMPL)を塞ぎ,流量計指示が振れないことを確認してください。
4. 切換コックをSTDに切り換え,流量計指示が1.0L/min程度(*2)まで振れることを確認してください。
  (小流量セット付きは100~400mL/minに調整してください)
5. 標準ガス入口(STD)を塞ぎ,流量計指示が振れないことを確認してください。
6. ガス出口(EXHAUST)を塞ぎ,流量計指示が振れないことを確認してください。
*1 上記ステップで支障があった場合は分析計の使用を中止し,当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店に連絡してください。
*2 試料ガス流量が当社指定の標準流量(1.0L/min)以外の場合は,該当流量にて確認してください。
  4.6.にて若干(1割程度)流量指示が低下することがありますが,性能に影響はありません。
*3 分析計の警告ラベルがはがれた場合は,新しいラベル(部品番号:631-85429)を注文して貼り替えてください。(当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店に連絡してください)
 
注記: 簡易的な漏れ検査方法であり、微小な漏れは分からない場合があります。
  漏れ検査も含めた定期点検は、当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店に連絡してください。
  換気のよい場所でご使用ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page