よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4878
  • 公開日時 : 2021/01/25 11:31
  • 印刷

(UV) シッパー160 しごきポンプ用チューブ交換方法

(UV) シッパー160 しごきポンプ用チューブ交換方法
カテゴリー : 

回答

しごきポンプ用チューブは消耗品です。吸入する薬品や条件によってチューブの寿命が変わります。
チューブの交換は目安として、累計24時間程度で使用してください。本シッパーのしごきポンプに使用しているチューブは特殊な塩ビ系チューブを使用しています。他のシリコンチューブやタイゴンチューブなどのチューブは使用できませんので、交換の際は必ず本シッパーに付属の塩ビ系チューブを使用してください。
 
1. チューブの交換に先立って、試料を何も吸入しないでエアパージを繰り返し、チューブ周辺の液を充分排出しておいてください。
2. 予備の塩ビ系チューブを105 mm だけ切り取ります。
  部品番号: 200-54565-02  塩ビ系チューブ(内径 ø3 x 外径 ø5)
3. フィッティングB部から、PTFE チューブを抜き取ります。
4. 次に、フィッティングB をポンプヘッドから抜き取り、フィッティングBにチューブのついたままで図のようにチューブをポンプヘッドとロータのすき間から引っ張りながら、ロータを手で時計方向に回し、チューブを抜き取ります。
5. シッパー160 を長時間(1 週間以上)使用しない場合は、このままの状態にして放置しておけば、チューブの塑性変形は起こりません。
6. 古いチューブをフィッティングA、B から取り外し、代りに、新しいチューブをフィッティングに接続します。
7. つづいて、まず、フィッティングAをポンプヘッドにはめ込み、つづいて、チューブを手で引っ張りながら、ポンプヘッドとロータの間に押し込んで、最後にフィッティングBをポンプヘッドにはめ込みます。
8. このあと、PTFE チューブをフィッティングB に差し込むと、チューブの交換は完了です。
9. チューブ交換後、ロータを反時計方向に2 ~ 3 回手で回し、チューブがロータとポンプヘッドの間で確実に押しつぶされているこ
とを確かめてください。
注記: しごきポンプチューブは、ポンプのC 位置で確実に押しつぶされていることを確認してください。
チューブが矢印D 方向にはみだした場合は、チューブ長を5 mmほど短かくするか、ポンプを動作させてロータを矢印B 方向に回転させながら、フィッティングB を矢印A 方向に少し引っ張り、しごきポンプチューブに張力をかけ、チューブがC 位置におさまったことを確認してからフィッティングB を所定位置に取り付けてください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page