よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4590
  • 公開日時 : 2020/12/17 13:21
  • 印刷

(GCMS) 停電時の処理方法は?

(GCMS) 停電時の処理方法は?
カテゴリー : 

回答

[起動・停止]画面の[オプション]をクリックし、[真空系自動復帰]にチェックが付いていれば、10 分程度の停電に対しては、通常は何もしていただく必要はありません。電力が回復すると自動的に装置が起動します。
 
長時間の停電に対しては、次のような操作を行ってください。
1. ガスクロマトグラフ質量分析計の電源スイッチをOFF にしてください。
2. 付属装置の電源スイッチをすべてOFF にしてください。
3. キャリアガス、CID ガス、水素、空気を供給する配管の元栓を閉じてください。
4. インタフェースのカラムを固定しているナットをゆるめて、真空系をリークしてください。
5. 電源の供給を遮断してください。
  • 電源コードを配電盤にネジ留めしている場合は、配電盤のスイッチをOFF にしてください。
  • 電源コードがプラグで接続されている場合は、電源コードを抜いてください。
 
水素キャリアガス使用時は次のような操作を行ってください。
1. すみやかに水素ガスの供給を停止します。
2. GC の電源とMS の電源をOFF にします。
3. 装置を設定している部屋の窓やドアを開き、換気します。
4. 室内に水素ガスの点火源がないことを確認します。
5. 本装置の各部の温度が下がるのを待ちます(約1 時間)。
6. GC のドアを開放し、インタフェースのナットをゆるめて、MS 内部を大気圧に戻します。
7. MS の前扉のノブが完全にゆるんでいることを確認します。
8. 水素が完全に抜けるまで待ちます(約30 分)。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page