よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4588
  • 公開日時 : 2020/12/17 12:59
  • 印刷

(GCMS) 化学イオン化法(CI, NCI) 良好なスペクトルが得られない

(GCMS) 化学イオン化法(CI, NCI) 良好なスペクトルが得られない
カテゴリー : 

回答

試薬ガスを導入しているにもかかわらず,試薬ガス導入量の最適化の条件を満たさない場合,主として試薬ガスの漏れが考えられます。以下に漏れのおこる原因を示します。

原因1: 試薬ガスボンベの元栓,調圧器の調圧弁または出口開閉弁が閉じている。試薬ガスコントロール部のバルブがOFF になっている。
対策1: 各々の開閉状態を確認し,閉またはOFF のものがあれば開またはON にしてください。
 
原因2: イオン源ボックスの取付けが不完全またはインターフェース部キャップが完全にイオン源ボックスに差し込まれていない。
対策2: 装置を停止し,イオン源の状態を確認してください。その際,装置の電源は必ずOFF にしてください。
 
原因3: イオン源のPTFE チューブが外れている。または取付けが悪い。
対策3: 装置を停止し,イオン源へのPTFE チューブの取付け状態を確認してください。
  その際,装置の電源は必ずOFF にしてください。
化学イオン化法(CI, NCI)イオン源の交換・洗浄手順はこちら
 
原因4: 正しい種類のイオン源ボックスが取付けられていない。または正しいリペラ電極スペーサがつけられていない。
対策4: 装置を停止し,イオン源の種類,リペラ電極スペーサの種類を確認してください。イオン源を取外す際は,装置の電源は必ずOFF にしてください。
化学イオン化法(CI, NCI)イオン源の交換・洗浄手順はこちら

原因5: DI 使用の場合,試料導入プローブ先端がイオン源内に挿入されていない。または挿入が不完全である。
対策5: 試料導入プローブが挿入位置にあるか確認してください。試料導入部の位置調整を行ってください。
DI-2010の操作方法はこちら
 
以上の原因に当てはまらない場合は,当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店に連絡してください。。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page