よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4586
  • 公開日時 : 2020/12/17 10:16
  • 印刷

(GCMS) 化学イオン化法(CI, NCI)試薬ガスを導入しすぎた場合

(GCMS) 化学イオン化法(CI, NCI)試薬ガスを導入しすぎた場合
カテゴリー : 

回答

試薬ガスの調整で、試薬ガスを導入しすぎることがあります。この場合は、下記の手順に従い余分な試薬ガスを排気してください。
 
1. 調圧器の調圧弁を少し閉めます。
 
 
2. 「装置コントロール」バーで[試薬ガス]ボタンをクリック(閉)してください。
  この操作により試薬ガスコントローラ部のバルブが閉じられると同時に、コントローラから分析管中の試薬ガスがロータリーポンプにより排気されます。
 
 
3. [試薬ガス]ボタンをクリック(開)して、コントローラ部のバルブを開けます。
 
4. 手順 の操作を繰り返し(5回ずつくらい)、余分な試薬ガスを排気します。
 
5. 真空度が安定するまでしばらく待ちます。
  それでもまだ導入量が多い場合はさらに手順1 までの操作を繰り返します。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page