よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4532
  • 公開日時 : 2020/12/11 09:54
  • 更新日時 : 2020/12/11 09:55
  • 印刷

(GCMS) フィラメントの交換

(GCMS) フィラメントの交換
カテゴリー : 

回答

部品番号: 225-10340-91  FILAMENT D ASSY
 
0. フィラメントは上下2ヶ所あります。
  上部フィラメント:フィラメント#1
  下部フィラメント:フィラメント#2   ここではフィラメント#1を交換する手順について説明します。
  フィラメント#2を交換する場合も同じ手順で交換してください。
 
 
1. メンテナンス作業を行う前に必ず下記の1)から3)を行ってください。
  1) GC/MSを自動停止します。完了の表示が出るまで待ちます。
  2) GCMSsolutionを終了します。
  3) 装置のメインスイッチを切ります。
 
 
2. つまみを回して、前扉を開けます。
  *以下の画像はGCMS-TQ8050ですが、他の機器でも同じ操作です。
 
 
3. 上部のソケット(2本)をピンセットを使って丁寧に引き抜き、配線を左側に寄せます。
  注記: 清潔な手袋をはめて作業してください。作業に使用する工具は必ずアセトンを含ませたガーゼで汚れを拭き取って使用してください。
  注記: 取り外した部品類はガーゼなどの上におき、汚れが付着しないようにしてください。
 
4. 上部ソケット2本(左図の囲い部分)を引き抜いた状態
 
 
5. マイナスドライバを使ってフィラメント固定ナットを緩めます。
 
 
6. ピンセットを使って取り外します。
 
 
7. フィラメント固定ナットを取り外した状態
 
 
8. ピンセットを使ってフィラメント#1を取り外します。
 
 
9. 新しいフィラメントを準備します。
 
 
10. ピンセットを使って新しいフィラメント#1を取り付けます。
 
 
11. フィラメント固定ナットを取付け、マイナスドライバで締め付けます。
 
 
12. ソケット(2本)を所定の場所にはめ込みます。ソケットは奥までしっかりはめこんでください。
  配線がショートしていないか確認してください。
 
 
13. 真空容器のOリング当たり面(青色矢印)やOリング(ピンク色矢印)にゴミが付着していないことを確認します。
 
 
14. 前扉を閉め、つまみが動かなくなるまで完全に回しきります。
 
 
15. 装置メインスイッチを入れ、装置を起動します。
 
 
16. [GCMS 分析]プログラムを起動し、装置モニタの[詳細]をクリックします。
 
 
17. [装置モニタ詳細]画面の[消耗品]タブをクリックし、[消耗品リセット]をクリックします。
 
 
  1) [消耗品リセット]画面で、交換したフィラメント(ここではフィラメント#1)の時間に"0"を入力します。
  2) [OK]ボタンをクリックします。
  [装置モニタ詳細]画面で[OK]ボタンをクリックして、画面を閉じます。
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPRAZNA社のFAQシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page