よくあるご質問(FAQ)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3098
  • 公開日時 : 2020/11/13 10:24
  • 更新日時 : 2020/11/19 12:25
  • 印刷

LCMS ESI プローブ・ノズルトラブル確認方法

LCMS ESI プローブ・ノズルトラブル確認方法
カテゴリー : 

回答

ESI プローブのイオン化部分の汚染は、イオン化効率の低下や異物付着によるスプレー状態の悪化、につながります。
 
«確認»
全体的な感度低下、バックグランド上昇。
 
«処置»
ESIプローブ先端部の状態確認、ノズル部に異物付着が無いか確認し、ふき取りによりクリーニングを行います。
また、ESIキャピラリの突出し量が適切か確認してください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ご返信が必要な場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください

よくあるご質問で解決しない場合は、下記よりお問い合わせください

本サイトはPKSHA Communication社のシステム"OKBIZ. for FAQ"を利用しています。
Top of This Page